例あり!好感を持たれる逆質問のコツ

面接の最後によくある逆質問。

就活生
何を聞けばいいのだろう、、、

そんな不安を解消すべく、
「逆質問」について解説していきます。

面接官が逆質問をする意図

私も個人面接をする際はよく聞きます。
面接の場でなぜ逆質問を聞くのか?
意図としてはいくつかあります。

志望度を上げたい

個人的には一番はコレです。
面接まで来ているということは、
筆記試験のパスし、
エントリーシートも合格している、
「それなりに選ばれた学生」なわけです。

中には充分に志望度の高い学生もいるのですが、
会社に合いそうだけど
ウチは志望企業のひとつに過ぎないんだろうな、、
という学生も多いです。

せっかくここまで来たのだから、
直接話さないとわからないような、
情報を持って帰ってほしいのです。

本当にいいなと思った学生には、
逆質問の時間を大目にとり、
質問に答えるとともに学生のエピソードと照らし合わせて
志望動機をつくりにいくくらいの意気込みでやります。

面接して厳しいなと感じる学生には
逆質問を受けないこともあります。

志望度が高いのか確認する

面接をしている学生が
本当に企業にたいして興味をもっているのかどうか
逆質問の内容によって判断できます。

例えばですが、
以下のような内容だと
あまり興味がないのかな?と思ってしまいます。

・ニュースに載っていること
・福利厚生など待遇の話

良い逆質問をするコツ

では良い逆質問をするコツは何なのか。
ここで言う「良い逆質問」とは、
有益な情報が得られ、かつ
志望度の高さも伝わる質問のことです。

働いている人にしかわからない話を聞く

HPやニュースに載っている内容は
企業研究をする上で目にしているかと思います。
先ほども挙げたように、
質問内容が外に出ている情報に留まるのでは
意欲がないと判断されます。

逆質問の際には
それらに対する知見を深めるために、
外に出ている情報に対する社員の考えや社内の意見などを
拾えるようにすることを意識しましょう。

広がりのある聞き方をする

なんで?どんな?そういった深堀ができるような聞き方をしましょう。
オープンクエスチョンと言います。

反対に、クローズドクエスチョンでの悪い例、、、

就活生
やりがいを感じますか?
ないとう
はい(終了)

こんな感じで速攻で終わります。
そこで働く社員の考えや経験が引き出せるようにしましょう。

良いと思った質問例

実際に私がされて良いなと思った質問です。

企業に興味を持ってくれているなと感じる質問

・ニュースで○○という話を聞きましたが、
 社内での具体的な動きはあるんですか?

・ニュースで○○という話を聞きましたが、
 社員としてどのように思いますか?

・働いていて、御社の強みを感じたエピソードを
 教えてもらえますか?

・働いていて、競合他社との違いを感じたエピソードを
 教えてもらえますか?

働いている人にしかわからない情報を得ていると感じる質問

・最近入社した社員で優秀だと思ったのはどんな人ですか?

・学生のうちにやってよかったと思うことはなんですか?

・尊敬できる社員さんはどんな人ですか?

悪い質問例

実際にこれはイケてない、、、と思った質問です(笑)

・御社の強みはなんですか?
→ それをここで聞く意味はあるのか?と思った

・私が入社するとしたらどんな部署が向いてますか?
→ 出た、配属気にし過ぎな学生、、、
このスキルが生かせる仕事はありますか?という
聞き方がよいかも

まとめ

逆質問の時間は貴重です。
有意義な情報が得られて、
マイナス印象を食らわないように
意識していきましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です