学歴フィルターは存在する? まとめました

学歴フィルターというのは本当にあるのでしょうか。
大学によって説明会が予約出来たり出来なかったりするアレです。
残念ですが企業によっては学歴だけで
判断されることもあるようです。

採用担当目線での見解をまとめてみました。

学歴フィルターのメリット

人気の高い企業では
多くのプレエントリー者がいるものの
説明会や面接を行うにもリソースが限られています。

そこで、学歴というデータを
継続して努力(勉強)する力
ある程度の地頭のある学生を見分けるのに
わかりやすい指標として使っています。

ちなみに、、、

私の所属企業では
学歴フィルターは行っておりません
偏差値の高い大学に入ることだけが
個々にとっての最善の選択ではないと思います。

例えば説明会の参加を募るとき、
先着で予約、または抽選形式で行います。
抽選形式の場合は
その説明会の趣旨に沿った学生を呼び込むべく、
プレエントリー日、過去のセミナー参加履歴、
文理、地域、などの項目で
ある程度数を絞ってから
ランダムに当選させることがほとんどです。

学歴フィルターの存在する企業では
学歴はこれらの項目と同じように
効率よく学生を絞り込む方法のひとつとして
使っているのだと思われます。

学歴フィルターが登場する場面

説明会

まだ選考が始まってない学生を
ふるいにかける理由がないですからね、、、

冒頭にも書いたように、
枠の少ない説明会で学歴によって
予約できるタイミングが異なる、
ということをよく耳にします。

エントリーシート

これもよく聞きます。
学生からみたら合否の理由が分かりにくいので
都合がよいのです。

エントリーシートを読んで合否を決めるためには
人手が必要なので工数削減にもなるという皮肉さ、、

筆記テスト

筆記テストで学歴フィルターが用いられることは
ほぼないと考えられます。

定量的に能力が高いかどうか結果を出しておいて、
学歴で切るのは本質的ではないと思います。

また、ほとんどの筆記テストが、特にSPIは
利用人数に応じて費用が掛かります
どのみち学歴で落とす学生に
筆記テストを受けさせるのは予算の無駄遣い。
そのため、エントリーシートより前にSPIを実施する企業は
ほとんどありませんよね。

リクルートがSPIを最初のステップとして使っているのは
自社サービスのため費用がかからず実施できるから、
だと思われます。



フィルターが掛かるライン

あくまで経験則による目安ですが、
以下のようなイメージです。

S:東大・京大・一橋大
フィルターとは無縁で無敵

A:大阪大・横浜国立大・東工大・早慶上智
基本的にはフィルターとは無縁

B:上位国立大・関関同立・MARCH
人気企業になると足切りの危険アリ

C:日東駒専・学習院・産近甲龍
学歴フィルター実施企業は厳しい

学歴フィルターはなくとも、
学生/内定者の学歴ランクをもとに
データの分析をする場合があります。

学歴は判断材料のひとつに過ぎない

個人として言いたいことはこれです。
学歴だけで不合格、だなんて
どんな学生かも見ずにもったいないです。

そんな企業は入社後の評価や昇進にも
学歴を見てくる可能性もあるので
むしろ要注意です(-_-)
T社はK大しか出世できない、
という話が出てきたりするわけです。
あくまでうわさですが、、、

フィルターで足切りをするのではなく、
過去データを分析したうえで
相性の良い大学との接点を密に持つなど
プラスになるような使い方をしたいなあと思います。

PVアクセスランキング にほんブログ村





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です