学チカの組み立て方 ~実践編~

ここからは前回の記事でお伝えしたSTAR手法の実践編です。

STAR手法とはなんぞや?という方は
下の記事からどうぞ。

学チカの組み立て方 ~概念編~

2018.01.29

復習:4つの要素を伝えよう

STAR手法の4つの要素を網羅できるように伝えましょう。

S:situation(状況)
T:task (課題)
A:action (行動)
R:result (結果)

面接では深堀できるものの、
特にESでは面接官から何かを聞くことができないので
初めから4つの要素が伝わるように書く必要があります。

よくあるNG例

STARの要素が欠けてしまうとどうなるか、
「居酒屋のアルバイトを頑張った」という
よくある?シチュエーションを元に説明していきます。

プロセスが全くない

就活生のES
私が力を入れたのは、居酒屋のアルバイトです。
住宅街にある個人経営で、常連さんでにぎわっています。
そこで頑張った結果、売り上げが180%上がりました。
ないとう
おお、何をしたのかわからない。
たまたま売り上げが伸びる時期に
入店したのかな?

さすがに、S(状況)とR(結果)を書かない学生は
ほとんどいないのですが、
結果だけを推してくるESはよく見ます。

何を取り組んだかわからない

就活生のES
私が力を入れたのは、居酒屋のアルバイトです。
住宅街にある個人経営で、常連さんでにぎわっています。
過去半年の注文メニューと客単価を見たところ、
常連さんが多いため、お気に入りのメニューを頼むお客様が多く、
季節限定メニューの注文が少ないことがわかりました。
そこで季節限定メニューの売上を伸ばすべく、
様々な取り組みをした結果、
売り上げが180%上がりました。
ないとう
おお、その様々がなんなのか聞きたいのだ。

課題の分析が出来ていて、地頭が悪くない印象はあるが、
結局自分で何をしたのかがないので、
行動力や自主性があるのかどうか不安になるパターン。

なぜその取り組みをしたかわからない

就活生のES
私が力を入れたのは、居酒屋のアルバイトです。
住宅街にある個人経営で、常連さんでにぎわっています。
店主から売り上げを伸ばしたいという声を聞いたので、
季節限定メニューを押し出すべく、
写真入りのPOPをつくったり、
お通しに盛り込んでみたりすることで、
売り上げが180%上がりました。
ないとう
おお、行動に起こす突破力はありそう。

前の2パターンと比べると、
悪くはないのですが、
「がむしゃらに頑張りました」という印象
思考力などを伝えるには弱いです。

要素を網羅して書こう

ここまでの内容を4つの要素に分けるとどうなるか。


私が力を入れたのは、居酒屋のアルバイトです。
住宅街にある個人経営で、常連さんでにぎわっています。


店主から売り上げを伸ばしたいという声を聞いたので、
まず過去半年の注文メニューと客単価を確認しました。
すると、常連さんが多いためか、
お気に入りのメニューを頼むお客様が多く、
季節限定メニューの注文が少ないことがわかりました。


そこで季節限定メニューを押し出すべく、
写真入りのPOPをつくったり、
お通しに盛り込んでみたりすることで、


売り上げが180%上がりました。

こんな具合になります。

まとめ

特にESではSTARを埋めるように書く!
表現力など話を広げようと思えば
いろいろとありますが、基本はコレだと思ってます。

非常に簡単すぎるエピソードで申し訳なくなってきた、、、
みなさんの実体験なら
もっと実のある内容になるはずです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です