【ES/面接ネタ帳】新歓を頑張った人向け例文&面接質問集

ESや面接で使えるネタを
集めてみました。
際限ないのでカテゴリで区切りまして、
今回は新歓編です。

学チカを伝わりやすくするSTARの要素を
意識して書いています。
STAR手法って何?という方は
以下の記事からどうぞ。

学チカの組み立て方 ~概念編~

2018.01.29

必要な要素・例文

新歓活動は企業の採用活動に近いものがあるので、
新入生へアプローチ→入部の流れをしっかり分析できていれば
伝わりやすいトピックなのではと思います。

中盤では課題分析のところを詳しく書きたいと思いますが、
まずは、新歓活動のエピソードをSTARに当てはめた場合。

S
部活/サークルの概要や周囲の環境、
目標としていた入部者数
T
新歓活動における課題
A
課題に対して、どのような戦略を立てて実行したのか
R
どのような結果になったか

以上を踏まえた例文です。

学生時代頑張ったことは、ダンスサークルでの新歓活動です。
私はチームの中でも新歓担当として、一連の活動の取りまとめを行っていました。
前年度の入部者数が少なかったため、
チーム存続のために多くの入部者を募ることが必要でしした。

まずは昨年の新歓活動を振り返りました。
練習会などのイベントには例年並みの人数が参加したものの、
練習が厳しいこともあり生半可な気持ちで入ってほしくないため
入部を決める段階での説明会を行いました。
その結果、入部を決めてくれた新入生は少なかったものの、
順調に実力をつけてチームの戦力となっています。
そこで、入部を検討する新入生の母数を増やした上で
前年通りの厳しい説明会を行い、
やる気のある新入生を多く入部させたいと考えました。

新入生がサークルを認知し、
興味を持ってくれるよう取り組んだことは2つです。
1つめは、ダンスのパフォーマンスを見てもらう機会を増やしたことです。
各学部の入学説明会の時間を調べ、
人通りが多くなる場所を予想し、
近くでパフォーマンスをさせてもらえるよう大学担当者に交渉しました。
例年よりも3箇所多くパフォーマンスが出来、
各回80~100名ほどの新入生が見てくれました。
2つめは、ポスターやチラシの掲載箇所を増やしたことです。
例年、サークルメンバーが通りすがりの新入生に
手渡しでチラシを配るのみでしたが、
近隣の飲食店やコンビニに足を運び、
チラシを置いてもらえるよう依頼をしました。

その結果、過去最大28名の入部者を迎えることに成功しました。

ただ数を増やしました、だけではなく
新歓活動の目的(=チームの存続)を考えて行動できていることが
分かるストーリーになっています。

新歓活動のプロセス

前述の通り、新歓活動は採用活動に似ています
課題分析の際は、新入生がサークルを入部を決めるまでの
プロセスを 認知 ⇒ 興味 ⇒ 入部 と、分けて考えることで、
説得力が増すのではないでしょうか。

それぞれに必要な活動は以下のイメージ。

認知

まずは知ってもらうこと。
ポスターを貼ったりビラをくばったり、
ダンスなどパフォーマンス系の場合は学内で披露したり、、、

興味

知っているだけの状態から、興味を持ってもらうこと。
実際に飲み会に来てもらって先輩を話したり、
練習会に参加したり、、、
学内でのパフォーマンス披露も、
存在だけでなく活動内容も見てもらえるので、
こちらのプロセスにも関わっています。

決断

最後にサークルに入るという決断をすること。
興味はあるけど他のサークルと迷っている、
興味を持っている新入生にしっかりと説明して
覚悟を決めたうえで入ってもらう、
とても大切なプロセスです。

プロセスを意識した課題分析を

例文の場合は、
人数もほしいが真剣に取り組める人だけ入ってほしい、
という方針のため、
認知~興味はとにかくアピールしまくって数を増やしますが、
決断のプロセスではハードルを上げて絞り込むことで
数と質の両立を叶えています。

例えばですが、とにかく数を増やしたいサークルの場合は、
認知・興味・決断、どのプロセスにおいても
終始ウェルカムでアプローチし続ける必要があります。

もし超人気サークルで、
入部希望者に対して人数枠が少ないような場合は、
認知活動はほとんど行わないかと思います。
自主的に調べて自ら来るような新入生が
興味を持つようなイベントを開催し、
決断のタイミングでは本気度を測るような
コミュニケーションを取ります。

このように、サークルの特性によって、
プロセスに対するウエイトや方針が
全く異なってくるはずです。
それらをしっかり伝わるように作ってみてください。

想定される面接質問例

新歓活動を頑張った学生が来たら、
こんなことを聞きたいです。
どうやって返すか、予行練習にお役立てください。

ないとう
新歓活動における、サークルのアピールポイントは何ですか?
各プロセスで、サークルの強みに紐づけた活動ができていると
納得感が増します。

ないとう
どういった経緯で新歓担当になったのですか?
サークルにとっての一大イベントを任されるような学生は、
チームにとってどのような存在なのか気になります。
逆に回答が薄いと、そもそもサークル内で新歓活動に力を入れていないのかな、
など周囲からの評価も読み取ることができます。

まとめ

新歓活動はマーケティングと対面コミュニケーションが
掛け合わさった活動です。
そこでの成果をアピールできれば、きっとプラスになると思います。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です